僕は発明家

Webサービスを作ったり,機械学習で勉強したことを書いたりします

戦略を転換します

前回で仮説を立てました

 

今回はデザイン,,,と行きたかったのですが,ペルソナを設定しているうちに,早速方向修正をする必要がありそうだったので,その点について書きます

 

2. デザインをする

デザインをしていきますが,その前にコンセプトが似ているアプリを見つけたので紹介します.

 

play.google.com

 

rocketnews24.com

 

wakieは「ソーシャル目覚まし時計」です.

「世界中の誰かがモーニングコールをかけてくれる」「世界中の人と話せる」「英語の学習ができる」のように現在では様々な価値観がありますが,最初はモーニングコールアプリとしてスタートしています.

ビジネスモデルは通常1分間しか通話できないのが,プレミアム会員になると5分間通話ができる,というように月額会員制モデルのようです.

 

ユーザ数も2014年時点で200万人.

Forbes スタートアップコンテスト大賞を受賞.

3000万コール以上利用されており,アプリ自体も評価は高いようです.

(自分が使った時は,無言通話がかかってきましたが,,,)

 

差別化するとしたら,英語でのコールが基本のようなので,日本語コールが基本のようにするとかですかね?

ビジネスモデルも色々考えられそうだし,「ソーシャル目覚まし」からの派生は色々できそうですね.

 

ということで,wakieも参考にしながらアプリを作っていきます.

a. ペルソナ制作

では,ペルソナを考えます. 

f:id:riverwell:20170802234004p:plain こんなペルソナいねーよ,とはならないように,生活全体を考えてペルソナを設定しました.

で,ここまで書いて思ったのが,

「wakieでは日本と海外で時差があるから,外国人が夜の暇つぶしに日本にモーニングコールをできる.でも,日本人同士では時差がない.貴重な朝の時間を使って誰かを起こしてあげる親切な人なんているの?」ってことです.

多分僕なら受動では使っても,能動では使わないです.

であれば,IntelAndrew S. Groveさんではないですが,戦略転換をした方が良さそうですね.

使わないものを作ってもしょうがないので,若干仕様を考え直します.

 
次は仕様を考え直したら更新しようと思います.
 
 【2017/08/03追記】
やっぱり,コンセプトだけ「誰かから匿名電話がかかってくるアプリ」にして,ほぼ当初の設計で行こうかと思います.
あんまり考えるのも時間の無駄ですし.